古いパソコンですがWindows11は?

ウィンドウズ11のリリースからまもなく1年が経とうとしています。OS特有の初期トラブルも、直近のアップデートでだいぶ完成度が高まり、「そろそろかな・・・」 と思われているWindows10ユーザーさんも多いかと思います。

1年経過を前にマイクロソフトも公式サイトにおいて↓
auto-raqctW.41.10.png

「2022年10月5日以降はアップグレードが有料化される可能性もあるため、早めにアップグレードすることをお勧めします」と表明しました。

2022年10月5日以降ということなので、直ちに!といことではなさそうですが、普及の度合いで突然有料化することもあるかと思います。OSの完成度からできればアップグレードはこの秋にしたいものです。

auto-wiCQDL.46.46.png

ただWindows11はアップグレード要件(安全に変更できる性能の条件)がかなり厳しくなっていて比較的新しいPCでも条件を満たしておらず下の写真のような画面が出てガッカリされた方も多いのでは?

auto-wKGBVb.49.04.png

おおむねですが、最近のPCではプロセッサー(CPU)の世代、性能が条件の中心になっていて、インテル社では第8世代、AMD Ryzenでは第2世代以降のCPUがアップグレード対象になります。もう少し具体的に話すと、国産メーカー製のパソコンだと、2017年発売の一部と2018年以降の製品ということになります。

ただ2018年のパソコンでも、実際の性能差はたいしてないのですが、モデルによっては明暗が分かれる機器が存在します。

画像の説明

CPUがCeleron(廉価・普及版のCPU)で同時期に発売したモデルでも公式には可否があります。アップグレード対象品はWindows更新プログラムからアップグレードの案内が送られてきて、専門的な知識がなくても比較的スムーズに作業が完了できます。

<参考CPU性能>

・NEC PC-NS150K 
CPU:インテル Celeron N4000(Gemini Lake)/1.1GHz/2コア CPUスコア:1410
・富士通 LIFEBOOK AH42/C2
インテル Celeron 3865U(Kaby Lake)/1.8GHz/2コア CPUスコア:1275

方や非商品は、アップグレードサイト(マイクロソフト公式)から更新を進めても途中で、要件を満たさないとの表示が出て処理を進めることができません。

ただ少し専門的ですがある対処をすることで、やや古めのPCでも安全で不具合なくWindows11化することも可能です。何でもかんでもというのは先々のためにも良くないですが、よく見極め、また増強や整備を併用してもう少し試用期間を伸ばすことはとてもメリットがあると思います。

※上の写真のPC、どちらも安全にWindows11かできます。(実績多数)

特に2015年〜2018年くらいに購入したPCで
お悩みの方はぜひ相談いただきたいです。

買い換えるのはまだ早い!ぜひ機器診断をご依頼ください。

a:322 t:3 y:0