光コラボとは 

画像の説明

ご自宅のインターネット、多くの方がいわゆる「ひかり」と呼ばれる高速な回線にされていることでしょう。

ひかりといえばいくつか回線サービスありますが、これまた多くは「フレッツひかり」と呼ぶNTT東日本(西日本)が提供するサービスをご利用かと思います。それ以外には、KDDIが提供のauひかりや独自方式のNURO光などがありますが。
また最近光コラボなどという聞きなれない言葉を聞くようになり・・・。「光コラボ」? 契約上、損得もある内容なので少しまとめてみましょう。

光コラボレーション

この光コラボという制度を説明すると、NTT東西が提供しているフレッツ光のサービスを、他の事業者に転用、そして転用先の事業者は、独自のサービスなどを付加して販売するモデルとされています。

簡単に言うと、ネットの契約先(支払先)を宅内の環境を変えず、NTTから別の運営会社へ移すと言うことです。その時各社の競争が発生するので、今までよりインターネットの費用が安くなるというわけです。

多くの場合、フレッツとセットで申し込みしているプロバイダー(インターネットへ接続するサービスを提供する会社)が光コラボに参入しています。OCN光はぷらら光、@niftty 光など聞きなれた会社のサービスで安心です。
プロバイダーが提供のコラボで最大のメリットは、転用の手続きのみで契約が完了できると言うこと、自宅の機器や設定情報の変更など不要、また月額で1,000円前後は各社お安くなるようです。

スマートフォンとのセットで光契約

プロバイダーのサービスも良いのですが、メリットがもっと大きいのは「ドコモ光」と呼ばれるサービス、スマートフォンの契約がdocomoでないとメリットは少ないですが、他社と違い、スマホ料金とのセット割引が受けられるのでメリットが大きいようです。特に家族でのシェアパックなど契約の場合は、大きな金額の割引が期待できます。

どこも光では、複数のプロバイダーが利用できます。今まで使っていたサービスがあれば、手続きのみで割引の恩恵が受けられますし、新規プロバイダーに変更でも、設定変更の訪問サービスを無料で受けられる場合もあります。(NTTぷららやOCN、BIGLOBEなど大手)

もともとスマートフォンとの連携割引はKDDI(auひかり)が最初に始めたサービスなのですが、このドコモひかりはここ3年ほどで爆発的に契約を増やしています。確かにサービス内容をみると他社の光コラボが霞んで見える感じもします。さすがNTTグループと言うところでしょうか?

}}

出張無料 診断無料

パソメディアは
出張、診断無料で安心!

027-257-0083
受付・予約9:00〜18:00  
作業対応7:00〜22:00(ご予約優先) 日祝対応可能

a:316 t:1 y:1