無線LAN 何故かつながりにくい!

中継してすみずみまでつながりやすくなったけど
ある日突然ネットが不安定に?

混線では?

それはもしかしたらWi-Fiの電波干渉かもしれません。

昨年のコラムで無線機の中継機能を使い家の中のすみずみまでインターネットを快適にする方法をご紹介しました。
でもしばらくするとネットの接続が不安定に。無線ルーター(親機)をハイパワーな機種に交換しても症状が変わらない。

実は無線の周波数に思わぬ落とし穴があるのです。もしかしたらご近所さんから入ってくる電波が不安定さの原因かもしれません!

無線LANで使用される電波周波数帯 2.4GHzと5GHzの特性

現在Wi-Fiで使用される周波数帯は下図の2.4GHzと5GHzがあります。
かなり初期から使用されている2.4GHz対応の機器は、比較的安価で多くの方が現在でも使用しています。

コストだけでなく、5GHzに比べて遮蔽物の影響が比較的少なく遠くまで電波が飛ぶのでメリットもあるのですが・・・。各チャンネルの周波数がかぶり気味で電波干渉が起こりやすいのも2.4GHzの特徴です。ネットの無線接続があたりまえになった昨今では、集合住宅や住宅密集地ではかなりの確率で電波の混線が起こります。

逆に5GHzの電波は壁などの透過性がやや劣りますが、電波干渉が起こりにくい多チャンネルです。対応機器(無線ルーター)の価格は最近では手ごろになっています。難点は、PCが中位以上の機種でないと内臓の無線受信機が5GHzに対応していないため、別途子機(無線LANアダプター)も用意しなければならないケースがある点です。

無線周波数について
   ※2.4GHzは電子レンジやコードレスフォン、ラジコンなども同周波数です。

自宅の無線機器をすべて5GHz対応に替えてみた

準備した機器類

過去のコラム「無線LANの電波強化」で使用した環境で実際に機器交換してみました。>>無線LANの電波改善
用意したのは・無線LANルーター ・無線中継機 ・無線LANアダプター(無線子機)すべて5GHz帯対応のタイプです。WHR-1166DHP(無線親機)WI-U2-433DM(無線子機)WEX-733D(無線中継機)
前回使用した中継機LAN-RPT01BKは非常に満足の行く商品でしたが2.4GHzのみ対応なので交換。新たな機器は5GHz対応、前回同様「中継専用機」を選びます。

画像の説明

ポイントは11ac対応!
IEEE802.11acは複数のチャネルを束ねて周波数幅を広げるチャネルボンディングや複数のアンテナを使って通信を高速化する技術が採用された次世代規格の通信規格です。

手持ちで対応している機器はiPhone6のみですが、5GHz帯の飛距離や透過性の悪さなど難点をカバーするためにac対応機器で揃えてみました。パソコンには11ac対応の無線アダプターで対応します。

親機(無線ルーター)を設置、各機器につないでみる

パソコン WI-U2-433DM 画像の説明

無線親機設置

先ず実験機はlenovoノート(Windows7)
2階ルータからもっとも距離のある階下の部屋で使用しているパソコンです。
パソコンの内蔵無線機は11nのみ対応
なので用意した無線アダプターをセットアップします。

 もしかして中継機なくてもいけるのでは?

速度計測1回目

と思って中継なしでつなげて見ましたが、やっぱり物足りない結果です。
(USENスピードテストにて7.4Mbps)
さて新しい中継機を取り付けて試してみるとしましょう!

1ページ 2ページ 次のページへ移動





a:16427 t:2 y:5