画像の説明

   
ご覧いただきまして有難うございます。
前橋市のパソコンレッスン&サポート パソメディア 担当の澤田と申します。

少し長い文章になりますが、ホームページ(WEBサイト)をお作りになる
上で知識として、きっと無駄になりませんので最後までどうぞお付き合いください。

さて、ご覧になっている方はWEBサイトの開設について悩んでらっしゃる事業
オーナー様や広告宣伝をご担当の管理職の方でしょうか?

それなら言うまでもないのですが、ホームページ(WEBサイト)は

費用対効果  がとても重要ですね。

  最小限の予算で効果的なサイトを作り、ビジネスに生かす。

多くの方がそう望んでらっしゃると思います。
HPは非常に優秀な宣伝媒体だと思いますが、多くの業種にとって2次的な営業効果

しかないと思います。つまりホームページだけで会社のほとんどの収益を上げることは
ほぼないと言う事です。(特定の業種を除いて)ということはお金のかけ方に注意しないと

働かない営業マンを人数あわせで雇っている。

みたいな事になります。今この厳しい時代、実際の会社ではこんなことはありえませんが
現状、中小企業保有のHPは結構なこのありえない事がおきています。

かと言ってホームページを持たないということのデメリットは年々増してきます。

(ちょっとわき道にそれます。これだけWEBが発達しましたが、日本の中小企業の自社HP
保有率は25%に満たないそうです。意外に少ないですね!逆に今作っておけばいろんな
意味で有利に作用するはずです。少なくともライバル会社との差別化のひとつにはなるはず!)

今回はHPを費用対効果の高い媒体として維持する最適な方法と
私がご提供できるサービスを解説したいとおもいます。

ところで、私はパソコンの操作方法をお客様に解説する『パソコンインストラクター』と
いう職業をフリー(個人事業として)で行っています。またパソコンのトラブルや設定な
どのサポート業務をしております。

ホームページに関しては、サイトの製作、運営方法やソフトの操作方法をご指導する
のが専門で、ホームページ作成代行を業務の中心としてはおりません。
     (ちなみに、知名度は?ですがネットショップ実務士という資格を持っています。)

ここで専門業者でないと不安、予算は十分あるのでデザインや機能の凝った2つとな
いぺーじを作りたいという方にはあまり利点のないお話ですので最初に申し上げて
おきます。

では・・・パソコンインストラクターが制作支援? どんなメリットがあるの?

まず確認ですが、ホームページの制作、維持にかかる費用項目は一般的に

  1. ドメイン、レンタルサーバーなどの維持費
  2. 制作代行業者に依頼する制作費
  3. 制作代行業者に支払う月々の維持管理費(更新やページの保守)

                       こんな感じでしょうか。

全部自分でという場合はアプリケーションソフト代金
と設置、製作、更新などの時間コストですね。
(この場合そのソフトを使いこなすための勉強時間が最大のコストでしょう。)

会社員時代の話ですが、HPを代行会社に依頼して無駄な出費を大分いたしました。
要因は、自社のページなのに思うように更新や追加が出来なかったことです。

月々管理費を払っているのに??その費用でしてもらえることは自分(会社も)の希望
を満たしませんでした。


ページを追加したり、大幅に内容変更をする場合はその都度料金
発生しました。月々更新料を払ってるのにぃ~??
『自分ですべて出来れば・・・。』と思ったものです。

このサービスは当時ユーザーとして自分が『身近にあったら良いな』と思
っていたことを具体化し開始したものです。

またインストラクターの視点でのサービスとも言えます。
仕事の目的は~お客様がパソコンの知識を向上させ生活を豊かにする~事ですから。

パソメディアがご提案するのは簡単に説明すると

  1. 私がページの立上げ部分の制作代行を行う。(5~7ページご要望により)
  2. 完成後、お客様に更新や維持管理の方法をレクチャー(講習6~8時間ほど)
  3. システムの使用権、編集、更新などすべての権利をお引継ぎする

   結果として適時に更新やページ追加が自社で可能になり
   代行業者に余分な費用を支払わなくてすむようになります。

自社で更新や追加

後述しますが、パソコンに精通している方でなくても制作しやすいシステムを使います。
比較的簡単ですが、どなたでもある程度見栄えの良い(商用で十分通用する)ページ
が作れるシステムです。
(以前からある無料の陳腐なHP作成ツールではありません)

じゃあ最初から自分で作るよ!

と言われそうですが、立上げの作業はやはりもっとも時間がかかる部分ですし、やはり
独学で全てとなると時間的損失や完成度のばらつきがリスクとして浮上します。

最初はホームページの中身を考える作業に時間を割いて下さい。

ベースが出来上がっていれば、講習後、御社のペースで更新や追加作業がとてもやり
易いと思います。時間=コストですから結果的にメリットがあるはずです。

もう一度まとめると

初期費用をかけても維持費を最大限抑える

最終的には自社で維持管理、更新をする。

上記を実現できればいわゆる『稼ぐホームページ』になります。

   でも業務は忙しいしパソコンにそれほど詳しくないんだけど・・。

確かに自社で制作といってもそう簡単そうではありません。
従来の方法だと
~パソコン教室に半年通って身に付ける~ 
~独学で分厚いテキストを勉強し制作してみる~
などでしょうが・・・。

実際、苦労したほど良いページが出来なかったという場合がほとんどです。
そして出来栄えの良くないページはかえってあることが営業にマイナスとなるかもしれま
せん。

WEB制作の技術はワードやエクセルより敷居が高いのは事実です。
それが制作代行業者が存在する理由なのは確かです。

   だからCMSと呼ばれるシステムでページを構築します。

技術革新で従来の方法では簡単に作れなかった、キレイで高度なホームページが作れ
るようになりました。例えば、ブログなどはパソコン初心者でも単純に文章を書いて、ボタ
ンを押すだけで、完成します。このような技術はコンテンツ・マネジメント・システムと呼ば
れます。現在この技術を応用したホームページ作成システムが多く誕生しています。

CMSはHTMLとかCSSと呼ばれるプログラム言語があまり必要でありません。

システム自体の完成度が高いので、一般の方でも少しの努力で高度なページ作成がで
きるのです。それによって本来最も重要なページの中身を考えることに集中できます。

CMSを使えば・・・

そしてCMSの中でも私がたくさん比較して採用したもっとも費用対効果の高いシステム
を利用します。(コストパフォーマンスが高く、操作性の良いもの)

  気になる価格は? 管理費がない分、結構取るんじゃない?

もともとページ作成は人の時間コストがほとんどです。CMSを利用することで代行支援
(パソメディア)も短期で初期ページを納めることが可能になりコストは安くなります。

初期6~7ページで10万円は十分切れます。

もちろんその後の講習もお付けしての価格です。

以降の維持費はドメイン、レンタルサーバーの代金(年間3,000円位で十分)
だけです。この費用は必須です。むしろ必要十分な費用のかけ方をお教えします。

一般的な作成代行業者より初期費用も維持費も劇的に安くなります。
※比較的安価と言われている業者と比較しても5年程で数十万の違いが十分でます。

設置以降は自社で更新、ページ追加ができるので間違いなく稼げるHPに育って
いきます。設置後、御社で支払うのは制作の時間コストだけになります。

システムの操作は最初は大変ですが、使うほど慣れ時間コストは徐々に安くなります。

もしHPを作るのであれば、どちらを選ぶべきかもう明白だと思います。

冒頭のタイトルにあった2つの小さな工夫とは

『学習する機会を作る(知識を得る)』 『業者(システム)のセレクト』
これに他なりません。

最後に、このサービスで制作の代行もいたしますが…。

私がご提供したいのは 知識です。

  知識があれば無駄なコストがかかりません。
  もしかしたら知識でライバルより優位に立てるかもしれません。

ITの知識は知ってしまえば簡単ですが、知らないと大きな損失を被ります。

でも知識を得るためには時間がかかります。時間=コストですので前述とは矛盾します。

そこでパソメディアを 知識のストックとしてご利用いただきたいのです。、
そして、その知識を効率的に得てメリットを感じていただければと思います。

後まで読んでいただき本当に感謝いたします。

たくさん書いたのですが、まだまだお話したいことがあります。
是非、直接出向いてサービスを詳しくご説明させて下さい。

きっとメリットのある 発見があると思います。

ご質問、お見積はメールでご依頼下さい。メールフォーム

お電話はこちら。027-257-0083
                          パソメディア(PCメディアサービス)
                               群馬県前橋市山王町5-2
                               代表 澤田 厚
a:2006 t:1 y:0

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK